お宝情報

お宝情報!!

建築基準法による看板に対する規定

建築基準法は建築物の設計時に必要となる基準を定めた法律ですが、その中には工作物に関する基準も設けられています。
建築基準法で示す工作物とは、擁壁や煙突、屋外広告塔や看板などがあります。
全ての工作物に対して基準が適用になるわけではなく、定められた大きさを超えるものに対して基準が適用されます。
煙突であれば高さが6mを超えるものが該当しますし、看板であれば高さが4mを超えるものが該当します。
高さが指定を超えた場合には建築確認申請を行い、法律への適合状況が判断されます。確認申請が通らなければ看板を設置することはできませんので、基準に則り設計を行う必要があります。
建築基準法は建築物全体に対して基準を設けていますが、さらに地方自治体が独自の基準を条例によって設けている場合があります。
建築基準法は全国どこでも適用される法律ですが、条例は地域でのみ有効なものとなります。
条例が設けられている場合には建築基準法よりも優先されますので注意が必要です。

看板広告を出す場合は街の景観を考えることが大事

看板と一言で言ってもその種類がいろいろなものがあり、例えば商品や会社の宣伝のために使用されるものもあれば、道路で道案内に使用されるものもあります。
また鉄道の駅などにも多くの看板が見られ、その情報をもとにして商品を購入したり、サービスを受けたりということもあるもので、高い広告効果を生むことができるものです。
鉄道の駅は毎日多くの方が利用しており、そこで情報発信を行うことで多くの人の目に触れますので、不特定多数の人に情報の刷り込みを行うことができるのです。
実際に人の目に触れる回数が多くなればなるほど、人間の脳裏にその広告のイメージが植え付けられるようになりますので、広告を出す企業にとっては非常にメリットが大きいと言えるでしょう。
一方で、道路などに設置してある広告についてはその景観とのマッチングが重要だということが言われるようになってきています。どんなに魅力が溢れ、きれいな看板広告であっても、その街の景観に合っていなければ異質な広告というイメージを持たれてしまうこともあります。
また、その材質も重要であり、木製や金属製、樹脂製などがありますが、いずれの場合もその街の景観にマッチしていなければ人々の目に留まることが少なくなり、大きな広告効果を生み出すことは難しくなるのです。
そのため、広告を打ち出して企業のアピールをするとか、集客を考えるといった場合には広告の内容を考えることはもちろん大切ですが、それ以上にその場所の雰囲気を考えることが大切になるのです。

Valuable information

愛犬の健康を第一に考えた国産で無添加・安全・安心のペットフード・ケア用品を厳選して販売しています。

無添加ドッグフードで健康に

天然石ビーズの卸販売のウイローは、豊富なビーズをはじめとした素材パーツの天然石の卸仕入れ問屋です。

パワーストーン 卸

最大級のダーツ専門ショップです。

ダーツショップ

東京都立川市のカフェ風ヘアサロン。

立川 美容院

Last update:2016/6/3


ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) お宝情報!! ALL RIGHT RESERVED